fc2ブログ

日産C28セレナ 社外ナビ取付・フリップダウンモニター・ウーハー・スピーカーなどなど取付。

Posted by FLANCAR on 31.2022 未分類 0 comments 0 trackback
さて、今年も今日までですね。
大晦日になると、さすがに施工依頼は少なく、この間ちょろっと紹介した日産のセレナC28を、色々と調べながらナビやらスピーカーやら色々と取付を行いましたのでご紹介したいと思います。


こちらが出たばかりのC28セレナです。
納車された方もまだほとんどいないのではないでしょうか?
そんな新型セレナC28はすでにフランカーにございます。ナビなどの適合がありませんので、取付しながら色々と調べていきたいと思います。


C28セレナはオーディオレスの状態ですと、こんな感じで納車されます。
社外ナビは2DINワイドナビでしたら、問題なく取付できるスペースがあります。


ナビを取付する為にはC28セレナの場合、運転席側のAピラーから外していく必要があります。
いくつからのパネルを外していきますが、ナビを固定する金具以外はネジはなく、全てツメで止まっているだけになります。


Aピラーを外したら、運転席側のサイドパネルを外します。ここもツメだけなので、内張剥がしなどで外します。


サイドパネルが外れたら、メーター裏側にあるパネル上部を外します。


メーター側のパネルを外したらナビ裏のフードを外し、金具を左右三個ずつ外すとナビパネルが外れます。


あとは、ナビ取付な必要な結線を行い、ナビを組み付ければ取付完了です。


アラウンドカメラの映像もC28セレナは、フランカーオリジナルアダプターで接続可能です。


ステアリングリモコンも連動可能です。
ただ、ステアリングコラムから配線を引き回す必要があるので、施工はちょっと大変です。
ステアリングリモコンの学習機能のない機種ですと、連動出来ませんので、ご注意ください(アルパインなど)

ウーハーも取付してみました。
小型のウーハーでしたら、シート下に問題なく設置出来ました。


続いてドアスピーカーです。
C28セレナはノーマルは17cmスピーカーのようですね。

社外の17cmスピーカーが加工不要で取付可能です。
リアドアスピーカーも調査しましたが、同じく17cmスピーカーが取付可能でした。


ツィーターは、純正位置にも取付出来ますが、結構大変です(^_^;)
純正位置だとシートから遠いので、手前に貼り付けでの取付も良いかもしれませんね。


そして、気になる8インチや9インチなどの大きめの社外ナビがC28セレナに取付可能であるかってところですよね。
8インチはとりあえず取付可能です。
ただ、9インチはパネル製作が必要となることがわかり、現在製作中です。
型からおこす必要があるため、少々時間はかかりそうです。新たな情報が入り次第案内いたします。


フリップダウンモニターも取付しました。
10.1インチのフリップダウンモニターをまず取付いたしました。


10.1インチの取付が出来たら、12.8インチのフリップダウンモニターが取付可能か調査し、取付いたしました。
C28セレナですと、なるべく大きなリアモニターが良いですかね。

モニターやナビ、スピーカー、ウーハーなど、C28セレナはまだ情報も少ないので、今後も色々と試していきたいと思います。

ナビセットやスピーカーセットなどもパッケージ価格も設定する予定ですので、また決まりましたら案内いたしますので、続報をお待ちください!

それでは、皆様良いお年を!
ってこの記事見ることには多分令和5年ですよね(笑)
当ブログへの、電話でのお問い合わせは下記へ!(記事を書いている本人につながります)
フリーダイヤル 0120-552-393

※同業者からの取付方法などを教えてとかはご遠慮ください。
リアルタイムの作業事例は、Facebookページで更新しています。
フランカーのFacebookページの「いいね!」ボタンを押すと、自動的に更新情報が見れます。参加してみてください!
フランカー株式会社(フランカースタイル) 東京オフィス (取付ピットはありません)
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-27-29パークハビオ新宿イーストサイドタワー
Tel : 0120-552-393
本社 ピットファクトリー 〒264-0025千葉県千葉市若葉区都賀2-15-16
Tel:043-233-3777 Fax:043-488-6379
西東京・横浜にも営業所がございます!
八王子・稲城・町田・国立・新宿・渋谷・品川・ 横浜などへの出張取付も行っています!


スポンサーサイト



日産新型セレナ(C28)にカーナビ・フリップダウンモニター取付

Posted by FLANCAR on 29.2022 未分類 0 comments 0 trackback
新型の日産セレナ(C28)
ナビやフリップダウンモニターの問い合わせが多く、細かい内容は後日アップする予定ですが、ナビとフリップダウンモニターは取付し、適合を確認しましたので、紹介いたします。

C28セレナ。オーディオレスなら問題なく7インチワイドナビが取付可能です。
ステアリングリモコンも連動可能。(要加工)


フランカーオリジナルアラウンドカメラアダプターを使用すれば、C28セレナもカメラ映像と連動して、自動でナビ画面に表示可能。


フリップダウンモニターはアルパインの10インチモニターが、C28セレナも問題なく取付可能。


12.8インチのフリップダウンモニターもC28に取付出来ました。

取り急ぎ、適合確認しましたのでご紹介いたしました。

当ブログへの、電話でのお問い合わせは下記へ!(記事を書いている本人につながります)
フリーダイヤル 0120-552-393

※同業者からの取付方法などを教えてとかはご遠慮ください。
リアルタイムの作業事例は、Facebookページで更新しています。

輸入車のバックカメラの故障・不具合について。

Posted by FLANCAR on 25.2022 未分類 0 comments 0 trackback
今年も残り僅かとなってきましたね。
年末年始は休まず営業していますので、お出かけ前に急にナビの調子が悪くなったり、ドラレコを取付しておきたいなどなど、お問合せお待ちしております。
年末年始、営業は行っていますが、インストーラーやスタッフは交代で休みを取るため、通常営業日より少人数での営業となりますので、ご予約はお早めにお願いいたします。

さて、今回は輸入車のバックカメラの不具合について少し書きたいと思います。
輸入車だけでなく、国産車もですが、純正・社外問わず、バックカメラは10年を過ぎると壊れてしまったり、調子が悪くなってきたりします。ただ、実はカメラの故障以外で、映らなくなってしまっている場合もあります。



バックカメラが映らなくなったとの問い合わせも多いのですが、一番多いのが、バッテリーを交換してから映らなくなったというパターンです。
これは、ナビ側の設定であることが多いです。バッテリー交換をしたことによって、メモリーがリセットされて、ナビの設定がバックカメラ無しになっています。
この場合は、ナビの説明書を読んで、設定をすれば治ります。最近は、ネットで説明書をダウンロードできますので、活用しましょう。

バッテリー交換をして、ナビの設定もしたのに、バックギアに入れても切り替わらない場合もあります。これは、輸入車に多いのですが、バッテリー交換をしたことにより、電圧が安定し、リバース信号をナビ側が認識しなくなってしまうことがあります。
電圧か電流なのかまではわかりませんが、こういったケースが結構あります。
この場合は、エンジンをかけているときはバックギアに入れても切り替わりませんが、ON電源でバックギアに入れると切り替わることがあります。エンジンをかけていないときに、正常にバックカメラが映る場合は、ナビ側のリバース信号の問題です。電源の取り直しやリレーを追加することで治ります。
バッテリー交換前は大丈夫だったのに~なんで?って感じですよね。でも、結構よくあるケースですので、覚えておくといいかもしれません。
リバースギアに入れると、映像はカメラの映像に切り替わろうとするが、点滅したり、ナビの電源が落ちてしまったりすることもあります。これも同じように電源の取り直しで改善することがほとんどです。

また、バッテリー交換などしてなくて、突然カメラの映像が真っ黒になったという場合は、10年以上経過しているのでしたら、バックカメラ本体の故障のことが多いです。
純正でも社外カメラでも寿命はありますので、その症状がでたら、カメラの交換を考えた方が良いかもしれません。
ただ、純正カメラの場合は、とても高額になることもあります。車種にもよりますが、純正カメラではなく、社外カメラを追加で取付して、純正カメラの映像に割り込ませることで、コストを抑えてカメラを映るようにすることが出来る場合もあります。

バックカメラを10年以上使っている場合、ナビなどを交換する機会があるようでしたら、壊れてなくてもその時に一緒に交換しておくのも良いと思います。
後で、カメラが壊れたときに再度、取付する時間や費用が多めにかかってしまいますから、先手で交換しておくことで、余計な費用や時間を抑えることが出来るかもしれませんね。

当ブログへの、電話でのお問い合わせは下記へ!(記事を書いている本人につながります)
フリーダイヤル 0120-552-393

※同業者からの取付方法などを教えてとかはご遠慮ください。
リアルタイムの作業事例は、Facebookページで更新しています。
フランカーのFacebookページの「いいね!」ボタンを押すと、自動的に更新情報が見れます。参加してみてください!
フランカー株式会社(フランカースタイル) 東京オフィス (取付ピットはありません)
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-27-29パークハビオ新宿イーストサイドタワー
Tel : 0120-552-393
本社 ピットファクトリー 〒264-0025千葉県千葉市若葉区都賀2-15-16
Tel:043-233-3777 Fax:043-488-6379
西東京・横浜にも営業所がございます!
八王子・稲城・町田・国立・新宿・渋谷・品川・ 横浜などへの出張取付も行っています!


アウディQ3に地デジチューナー・デジタルインナーミラー取付。

Posted by FLANCAR on 20.2022 未分類 0 comments 0 trackback
アウディQ3に地デジチューナーとデジタルインナーミラーを取付しました。

アウディだけではありませんが、TV無しの車両が増えてきていますね。TVを見る人が減ってきてるってのもあるのかもしれませんが、まだまだTV見ますって人も多いですよね。
そんなわけで、納車したばかりの新車のアウディQ3に地デジチューナーの取付です。

地デジチューナーの映像を純正モニターに映すためにはビデオインターフェイスという部品を取付する必要があります。
そのビデオインターフェイスは、純正ナビメインユニットに接続しますので、メインユニットのあるグローボックスを取り外して、施工いたします。
音声は、外部入力(AUX)がありませんのんで、FMモジュレーターを使用して入力します。
FM経由になりますので、多少のノイズが入る場合がありますが、TVの場合は、そんなに気になることはありません。

仮接続して、問題なく地デジが映ることを確認し、元通りに戻して完成です。
地デジのチャンネル操作は、リモコンでの操作はもちろん可能ですが、純正モニターでタッチ操作でも可能です。

そして、もう一つで自デジタルインナーミラーを取付しました。

デジタルインナーミラーのカメラは室内のリアガラスに取付しました。


リアカメラのコードは、純正ゴムブーツ内を通します。ブーツを固定しているツメを折ってしまうと、取り返しがつかないことになりますので、ツメの形状を慎重に探りながら外します。ツメの位置を理解しないで、強引に外すと、ツメが折れてしまい、ブーツに隙間ができてしまい、雨漏りの原因になります。

電源は、インターフェイスを取付するのに外していたグローボックス裏のヒューズボックスから取り出し、純正モニターにデジタルインナーミラーを固定して完了です。
デジタルインナーミラーは、地デジのアンテナの電波干渉することがありますので、地デジのアンテナの配線の取り回しと、アルミテープを巻くなど工夫して取付を行いました。
当ブログへの、電話でのお問い合わせは下記へ!(記事を書いている本人につながります)
フリーダイヤル 0120-552-393

※同業者からの取付方法などを教えてとかはご遠慮ください。
リアルタイムの作業事例は、Facebookページで更新しています。
フランカーのFacebookページの「いいね!」ボタンを押すと、自動的に更新情報が見れます。参加してみてください!
フランカー株式会社(フランカースタイル) 東京オフィス (取付ピットはありません)
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-27-29パークハビオ新宿イーストサイドタワー
Tel : 0120-552-393
本社 ピットファクトリー 〒264-0025千葉県千葉市若葉区都賀2-15-16
Tel:043-233-3777 Fax:043-488-6379
西東京・横浜にも営業所がございます!
八王子・稲城・町田・国立・新宿・渋谷・品川・ 横浜などへの出張取付も行っています!


日産サクラに7インチ・9インチナビ取付! 9インチナビ取付キットのご紹介!

Posted by FLANCAR on 13.2022 未分類 0 comments 0 trackback
ッカーワールドカップについて、色々語りたいこともありますが、長くなるので今回はやめておきますw

さて、今回は問い合わせも多くなってきている日産サクラのナビ取付と、9インチナビキットについて紹介したいと思います。


日産サクラのオーディオレスの状態になります。
ちょうど7インチワイドのサイズでスペースがありますので、2DINナビであれば問題なく取付可能です!

ナビ周りのパネル外しはそこまで大変ではありませんが、一部ツメが固いところもありますので、しっかり養生して傷がつきにくい内張剥がしなどで取り外しましょう(写真では見やすくするため、養生テープを外した状態で撮影しています)
まずは、メーター上側のパネルがごっそり外します。


上側のパネルが外れたら、あとは手前にパネルを引っ張れば外れます。

パネルの裏にはGPSアンテナがすでに来ています。取付するナビメーカーによっては変換コードを使えば、そのままこのGPSを使用可能です。


日産サクラは地デジのアンテナが2本は、ナビ裏まで来ています。
こちらもGPS同様に、変換コードを使用すれば使用可能です。ナビメーカー・機種によって使う変換コードが違いますので、しっかり調べてからが良いですね。
フルセグのナビを取付する場合は、地デジアンテナが2本ぶん足りなくなるので、フィルムアンテナを2枚貼り付けして、コードを取りまわす必要があります。


フィルムアンテナやドラレコやETCなどを取付するには、Aピラーを外す必要があります。
サクラのAピラーは手前に引っ張ると簡単に外れますが、写真のように、ストッパーがあって途中で引っ掛かりますので、ラジオペンチなのでストッパーを90℃に捩りながら外します。戻すときも同様にして戻します。


ETCは、純正のビルトインの位置に社外ETCも設置可能です。


ただ、市販のビルトインブラケットをそのまま使用して取付すると、パネルを戻すときに干渉してしまい、パネルが浮いてしまうので、ブラケットを一部カットして取付する必要があります。


ナビは7インチであれば、パネルはそのままで取付可能です。
メーカー問わず取付可能ではありますが、日産サクラは電気自動車ですので、充電スポットを検索・表示してくれるカロッツェリアのナビがおススメです。


そして、日産サクラに7インチナビだけではなく、9インチナビの取付も可能です。
というか、可能にしました!

そして、コーナーセンサー・リバースギア連動で自動でアラウンドカメラの映像に切り替わるようにも出来ます。こちらのアラウンドカメラの切替は、9インチだけでなく7インチナビでもアダプター追加で可能になります。

サクラに9インチナビを取付するにあったて、フランカーではオリジナルでキットを製作いたしました。最初は、物理的に9インチは無理じゃない?って思ったこともありましたが、要望も多いことから、色々と試行錯誤して完成いたしました。
そして、日産サクラに9インチナビを取付までするのは当然なのですが、サクラの9インチナビキットして販売も可能にいたしました!


キットのパネルはこんな感じで、純正と合わせてピアノブラック塗装で仕上げています。

上側のパネルは、加工をし隙間なく収まるように製作。

金具やハーネスはオリジナルで製作して、各メーカーに合わせて、なるべく簡単に取付出来るようにキット化いたしました。
取付するナビがカロッツェリアなら、カロッツェリアの直結コードやアンテナ変換がセットに。
ケンウッドなら、ケンウッドナビ用の直結コード・アンテナ変換がセットになっているようにしています。
また、直結コード不要の方には、車両側の電源ハーネスのみをセットしたものも用意しています。

日産サクラの9インチナビキット200台限定販売になります。
なくなり次第終了となりますので、お早めにお問い合わせください!

日産サクラの9インチキット
★各ナビメーカーの直結コードをセットにキット
税別40,000円

★直結コード無しのキット
税別35,000円

★オプションのアラウンドカメラアダプター
税別15,000円

※キットのみの販売価格になります。ナビとセットでも販売も可能です。
もちろん、取付も含めてコミコミでお任せしたいというも可能です。

フランカーでは、日産サクラのナビの取付はかなり台数施工していますので、わからないことなどありましたら、お気軽にお問合せください!

当ブログへの、電話でのお問い合わせは下記へ!(記事を書いている本人につながります)
フリーダイヤル 0120-552-393

※同業者からの取付方法などを教えてとかはご遠慮ください。
リアルタイムの作業事例は、Facebookページで更新しています。
フランカーのFacebookページの「いいね!」ボタンを押すと、自動的に更新情報が見れます。参加してみてください!
フランカー株式会社(フランカースタイル) 東京オフィス (取付ピットはありません)
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-27-29パークハビオ新宿イーストサイドタワー
Tel : 0120-552-393
本社 ピットファクトリー 〒264-0025千葉県千葉市若葉区都賀2-15-16
Tel:043-233-3777 Fax:043-488-6379
西東京・横浜にも営業所がございます!
八王子・稲城・町田・国立・新宿・渋谷・品川・ 横浜などへの出張取付も行っています!




ランクル300にTVKIT・デジタルインナーミラー取付!レンジローバーにカメラ取付!レンジスポーツに地デジ取付!

Posted by FLANCAR on 06.2022 未分類 0 comments 0 trackback
いや~!!!!
サッカー残念でしたね!
悔しいですが、世界を驚かせた活躍、素晴らしかった!
選手達が一番悔しいのは間違いありませんが、胸を張って帰ってきてください!
遠いところからですが、応援できてよかったです。興奮しましたし、感動しました!

ふぅ、寝不足ですが、ブログ更新です(^_^;)

ランドクルーザー300系にTVキットとデジタルインナーミラー取付を取付しました。
ランクル300はお初作業でちょっと緊張しました。納車されている車もまだ少ないみたいですね。

TVキットを取付するためには、センターコンソール周りを結構バラバラにしないとなりません。
外し方を知ってしまえば、ツメが固いととかはないので、スムーズにできるかと思います。


一緒にデジタルインナーミラーも取付しました。ランクルクラスになると標準装備なのかなと思いましたが、違うんですね。ドラレコ機能もある商品なので、一石二鳥です。
そして、なにより、ランクル300のエンジンのかけ方が最初わからなくてアタフタしたのは内緒ですw

お次は2006年式の3rdレンジローバーです。
いつものごとく、純正バックカメラが映らなくなったということで、新規で社外バックカメラを取付しました。

ナンバー横が定位置。貼り付けですが、ちょっと置く目に貼り付け面があるので、そこまで目立ちません。

純正モニター裏への純正カメラ配線を加工して、映像入力するとインターフェイスなど高額な部品を使わなくても映せます。ついでにリアバンパーも映るようになるので、純正カメラより画質も実用性もあがりです。

最後は、2015年式レンジスポーツに地デジチューナーの取付です。

純正地デジが故障してしまい、TVを選択して無反応になったということで、社外の地デジチューナーとビデオインターフェイスを取付して、TVを見れるようにいたしました。

ビデオインターフェイスは高額ではありますが、社外地デジを映せるようになるだけでなく、追加でHDMI入力したりできるので、後々ミラーリングや、ファイヤースティックなど拡張も出来たりしますので、アクティブな方にはおススメです。

当ブログへの、電話でのお問い合わせは下記へ!(記事を書いている本人につながります)
フリーダイヤル 0120-552-393

※同業者からの取付方法などを教えてとかはご遠慮ください。
リアルタイムの作業事例は、Facebookページで更新しています。
フランカーのFacebookページの「いいね!」ボタンを押すと、自動的に更新情報が見れます。参加してみてください!
フランカー株式会社(フランカースタイル) 東京オフィス (取付ピットはありません)
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-27-29パークハビオ新宿イーストサイドタワー
Tel : 0120-552-393
本社 ピットファクトリー 〒264-0025千葉県千葉市若葉区都賀2-15-16
Tel:043-233-3777 Fax:043-488-6379
西東京・横浜にも営業所がございます!
八王子・稲城・町田・国立・新宿・渋谷・品川・ 横浜などへの出張取付も行っています!
 HOME