FC2ブログ

ディスカバリー3にミラーリングとバックカメラ・アルテオンに前後ドラレコ・ベンツCクラスにTVキット取付

Posted by FLANCAR on 12.2020 未分類 0 comments 0 trackback
急に気温が上がり、暑かったですね。

真夏の30度前後なら、そこまで暑く感じませんが、この時期の30度は体が慣れていませんので、とても暑く感じますね。アイス食べたました(;^_^A

さて、ディスカバリー3にスマホのミラーリングバックカメラ、ドライブレコーダーを取付いたしました。

純正モニターにスマホの映像をミラーのように全く同じ映像を映すことが可能です。

ランドローバー車も含め、外車では作業依頼が多いミラーリングです。
ナビとしても使うことが出来ますので、おススメです。

ミラーリングの為に、ビデオインターフェイス(純正モニターに映像を割り込ませる部品)を使用していますので、ついでにバックカメラも取付しちゃいます。

カメラだけのために、インターフェイスを使用すると高額になってしまいますが、ミラーリングのついでにバックカメラだと、お買い得?w

最後に、ユピテルのドライブレコーダーDRY-ST1700cを取付して、ディスカバリー3の作業は完了です!

お次はワーゲンのアルテオンに前後ドライブレコーダーです。

車種名を聞いとき、正直、何ですかその車はって思いましたw

ワーゲンの4ドアクーペのお車です。お初見でしたが、格好いいですね~

当然、作業するのもお初でしたが、電源の取り回しなどは、他のワーゲン車とほぼ一緒でした。


ただ、リアドラレコの配線の取り回しが、少々大変でした(;'∀')
機種はユピテルのSN-TW9500dpでした。商品はお客様お持込で取付のみの作業でした。
商品はお持込でも、こちらで手配することも可能です。

セダンだと、わりとスムーズに取付出来ることが多いのですが、ワゴンやハッチバックだと、急に難易度が上がりますw

最後は、ベンツCクラス(W205)にTVキャンセラーキットの取付です。


独特な内装なベンツCクラスですが、オーディオ周りがわりと簡単に外すことができます。
パネルを外して、オーディオメインユニットを取り外し、TVキットの結線を行います。

接触不良が起きないように、念入りに(#^^#)

TVキットの本体は、助手席アンダーカバーまで延長して設置しています。
これは、簡単にノーマル状態に戻せるようにするためで、ディーラーなどに入庫時にTVキットが付いていると、作業を断られるケースが増えてきているので、一手間かけております。


TVキットを一緒に前後ドライブレコーダーも取付して完成です!
ユピテルのDRY-TW73dを取付しました。

フランカーはユピテルの指定店なので、指定店モデルの販売取付も可能でございます!

当ブログへの、電話でのお問い合わせは下記へ!(記事を書いている本人につながります)
フリーダイヤル 0120-552-393

※同業者からの取付方法などを教えてとかはご遠慮ください。
リアルタイムの作業事例は、Facebookページで更新しています。
フランカーのFacebookページの「いいね!」ボタンを押すと、自動的に更新情報が見れます。参加してみてください!
フランカー株式会社(フランカースタイル) 東京オフィス (取付ピットはありません)
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-27-29パークハビオ新宿イーストサイドタワー
Tel : 0120-552-393
本社 ピットファクトリー 〒264-0025千葉県千葉市若葉区都賀2-15-16
Tel:043-233-3777 Fax:043-488-6379
西東京・横浜にも営業所がございます!
八王子・稲城・町田・国立・新宿・渋谷・品川・ 横浜などへの出張取付も行っています!
出張取付のお問い合わせはこちらまで!

スポンサーサイト



▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://flancar.blog91.fc2.com/tb.php/1210-7ef6ed31